cicから債務整理の情報が消えるまでの期間

債務整理後、クレジットカードを取得できる期間として
自己破産は破産免責より5年、任意整理は完済より5年、そして個人再生は
完済より5年とされています。

これは債権者の金融業者が成約残しをしていなければ、個人信用機関の
CICとJICCからはこれらの期間を経過すると情報が消えてなくなります。

そして全銀協を見ないクレジットカード会社ならば過去の債務整理の事実が
分からなくなるのです。

任意整理や個人再生をした人から異動情報、つまり信用情報がCICやJICC
から情報が消えるのは完済より5年ではなく業者と和解をして任意整理を
始めた時から5年である、個人再生が裁判所に認められてから5年なのではないか
という意見もあるのです。

任意整理、個人再生をした人の信用情報がCICやJICCから消える期間は
完済から5年ということではなく、業者と和解をして任意整理を始めた時より
5年である、そして個人再生が裁判所に認められてから5年になるとされています。

ただ、条件があります。
任意整理や個人再生を行っている期間に再び延滞や滞納がない場合に限るのです。

自己破産が裁判所より免責を受けた時点で全ての債務が完了となるのに対して、
任意整理や個人再生というのはまだ債務が残っているということになりますから、
途中で支払いが止まってしまえば新しく異動情報が発生することになります。
つまり、異動情報が完了しないということになるのです。

しっかりと債務整理のデメリットや個人再生で支払っている人は全く問題がありません。
ですが、中には任意整理や個人再生の支払いの途中でまた滞納してしまったり
延滞をしてしまう人もいるのが事実です。

このことから任意整理や個人再生をした人が異動情報の内容がCICやJICC
から消えるのは「完済から5年」ということになっているのです。