子どもにはたくさんあるものね!サントリー グルコサミン

幼稚園に通う息子がいます。

「今日は、幼稚園でドッヂボールやったよ!隣のクラスに勝ったんよ!」と元気いっぱいに教えてくれます。

幼稚園児のドッヂボール、侮れません。かなりみんな本気モード。何がって、先生も本気モードでやってくれますから。

「先生のボール、当たったらいたいから、先に先生をやっつける!」のが、息子流のやり方なんだそうです。

帰宅してからも、外で遊びたがるし、夜寝る前は、必ず戦いごっとという名で暴れまくります。

よくそれだけ体力るよね・・・ コチラのサイトで知りましたが、グルコサミンって、生まれた瞬間から、少しずつ減っていくんですって。

だから、まだ生まれてそれほど立っていない、小さい子ほど、体内にグルコサミンをたくさん持っていて、体力がつき始めた息子ぐらいってのは、自分が楽しいと思えることは、どんなに激しくしていても疲れないのかもね!

ちょっぴりうらやましさを感じます。最近の私、ちょっとレジャーに行くだけでも疲れてしまいますもの・・・

まあ、グルコサミンを毎日飲んで、少しでも体力をつけて若さを保つ努力をしていこうと思っています。